• y.yuki

ライブノート 2017.12.29


茨城県フラワーパーク

年末のおしつまった時期、地方のテーマパーク。人がいるのだろうかと不安だったが、園内はそこそこ賑わっていた。

ライブ会場は、てっきり屋外だと思っていたのだが、温室の中に設営された特設ステージだった。真冬の寒空の下、暖を取る目的もあってか、客席には多くのお客さん。これはちょっと意外だった。

2部制のステージだったが、最初はいつもどおりの、わりとロックな展開でやってみる。案の定、食いつきはよくない。次のステージでは、曲を入れ替えメロウな選曲で臨む。多少いいのかなとは思うが、聞く側からすれば変わり映えしないのかもしれない。

こうした会場、観客を前にしてのライブは、去年あたりから何度となくやってきたが、観客側が望むものとぼくが提示できるものの間には、したたかに溝があることを痛切に感じる。せめてこういう場では、有名な曲のカバーでもやればいいのだろうが、管理団体に申請のないパブリックな場所でのステージでは、ぼくはカバーをやらないことにしている。

今回は屋外での演奏を想定し、ギターのチューニングを半音下げて演奏した。テンションが下がるので、弦が切れるのを防ぐために。しかし、半音下げたたけで、音程がうまく取れない。取れたとしても、いつもの発声にならない。要は、練習不足。

エクストラライトという、一番細い弦を張っているが、それでも最近はすぐに手が痛くなる。筋力が低下しているのだ。

1人で演奏する場合は、ほかのプレイヤー(とくに鍵盤)の弾きづらさを気にしなくていいので、来年はしばらく、このチューニングでライブをやってみようと思う。

帰り道の常磐道、ぼくはインターFMを聞きながら、東京へ向けて車を走らせた。クラブ系の、名前を聞いたこともないアーティストの曲ばかりがかかっていた。ぼくはそこに強いシンパシーを感じていた。

#茨城県フラワーパーク #イルミネーション

0回の閲覧
  • grungesoultokyo_facebookpage
  • y.yuki@yoshihiro_yuki
  • yoshihiro_yuki_instagram
  • grungesoul-tokyo_tumblr