• y.yuki

ライブノート 2018.07.30-2018.08.04


2018名阪ツアー

セットリスト 1. death feeling in the sky 2. kitchen timer 3. naked or dead 4. illogical one 5. custard cream 6. happiness,tenderness, goodness and kindness 7. girl hate song 8. あなたの吐息と暮らす日々

7/30@trim(名古屋) 初めてのハコ、アウェイな土地。いいライブが出来たと思う。いろいろなことが気にならず、ミスしても動ぜず、音楽的でいられたと思う。録音を聴き返してみると、リズムの雑さが気になった。特に16ビートの裏拍。ツアー前に重点的に練習してはいたが、なかなか追いつかない。アルバムのアートワークを手掛けてくださったタナカジュリアンさんが駆けつけてくれた。昨年秋のジャケット撮影や、一年前の準備にかかるなんやかんやが、演奏中にオーバーラップした。感慨深い気持ちになった。

8/1@silver wings(京都) 京都祇園にあるライブハウス、silver wings。対バンの傾向や場内の観客のノリは、東京のライブハウスのそれと、酷似している。もちろんアウェイなわけだが、ぼくは構わず演奏する。こなれていたピックをなくしてしまい、若干演奏しづらい。会場は反応に困っている雰囲気。プレイバックを聞くかぎりでは、やはり最後の2曲のリズムが気持ちよくない。ツアー中になんとか修正したい。

8/3@brand new(大阪) 久しぶりの大ぶりなハコで、新鮮な気持ちで演奏できた。客席とステージの間にバリケードがある。ぼくはこういう構造のほうが、演奏に集中できる。結果、いい演奏が出来たと思う。ステージ後、共演者のcoronaQさんが楽屋に入ってきて、熱く感想を語ってくれた。同志社大学の大学院生とのことなので、まだ20歳代前半だと思うが、若い世代の人にぼくの音楽がちゃんと届いていたことと、その世代にも、現状の日本の音楽シーンのストリームからはみ出そうとする人がいるということがリアルに感じられた。リズムはかなりマシにはなってきた。

8/4@blanton(尼崎) blantonは尼崎にある小さいハコで、ライブハウスというより、ライブバーとった趣き。床が木材なので、心地よい響きがする。駅から遠いし、客が入るものかと思っていたが、ほぼ満席の大盛況。出演者もキャリアのある人たちぼかりで、かなり見応えのあるイベントだったのではないかと思う。連日のライブで、ライブ感はかなりつかめていたし、日を重ねるごとに修正もしてきたので、わるい演奏ではなかったと思う。観客のレスポンスも、非常によかった。ただ、目指すのはそこなのかと、若干疑問に感じていたのも事実。バランスがむずかしい。

総評 全体を通して、いい演奏をしていたと思う。年初から取り組んだライブのプログラムが、一旦完成の域に達したともいえる。しかし、ここで型にはまらず、臆せず新しいアプローチを試みるべきなのだろう。やるべきは卒のない演奏ではない。多少へなちょこなくらいが、むしろちょうどいいのだ。

#ツアー #2018名阪ツアー #daytrivetrim #silverwings #brandnew #blanton #名古屋 #大阪 #京都 #尼崎

11回の閲覧
  • grungesoultokyo_facebookpage
  • y.yuki@yoshihiro_yuki
  • yoshihiro_yuki_instagram
  • grungesoul-tokyo_tumblr