• y.yuki

新譜のリリースについて


昨年末に来年、つまり今年は、新譜をリリースしようと決めた。アルバムではなく、4曲程度のマキシシングルを、配信限定で出すというプランだ。内容は、"GRUNGE SOUL"のサウンドイメージを踏襲したもので、アルバムでやり残したことを補う、もしくはその後もっとこうすればよかったと思ったこととかか、そういった今の気持ちを盛り込んだものにしようと考えた。

そんなプランだったが、ここへきて少し考え方が変わり、4曲の配信のほかに、それらを含む6曲程度のCDをミニアルバムとしてリリースできたらと考えている。ただし、CDはあくまでもイレギュラーな作品としてリリースするので、全国流通はさせない。

ここへきてようやく、制作に着手しはじめたが、約4ヶ月間動いていなかったのは、制作環境が変わったことが大きな要因だ。これまでのprotoolsからlogicに乗り換え、この環境に慣れるためにどうしても時間が必要だった。

また、環境が変わることによって、ぼくの音楽の作り方も変わってきた。

前作の時は、病的とも思えるほど、音の細部にこだわり、まさにゼロから納得のいくまで作り込んでいったが、今回はもう少しラフでいい加減な抜き加減で制作がすすみそうな雰囲気だ。

アルバムではなくシングルだからといった、気楽さもさることながら、やはり制作環境の変化が一番の要因だと思う。

懸案事項としては、アートワークとミュージックビデオで、ここが今のところまったくの白紙状態。ぶっちゃけ音楽はいつでも作れるしリリースもできるのだが、ここがちゃんとできないのであれば、出す意味はないと考えている。

前回のように、音が完成してからこれらに着手するのではなく、今すぐにでも動きはじめたほうがいい懸案事項だと思う。

#新譜 #アルバム #楽曲制作 #レコーディング

7回の閲覧
  • grungesoultokyo_facebookpage
  • y.yuki@yoshihiro_yuki
  • yoshihiro_yuki_instagram
  • grungesoul-tokyo_tumblr